LINEモバイル メリット デメリット

MENU

LINEモバイルの凄すぎるメリット

LINEモバイル

格安SIMカードの利用者が増えてきていますが、同時に格安SIMカードも色々な会社から販売されるようになってきました。

 

LINEモバイルもその一つで、誰もが知っているSNSサービス【LINE】が提供する格安SIMカードの一つです!

 

当サイトではLINEモバイルの特徴や他の格安SIMカードとの違い、メリット・デメリットなどについてをかなり詳しくリサーチして、格安スマホへの乗り換えを考えている方に分かりやすく説明しています!

 

LINEの年齢認証ができる唯一の格安SIM

LINEモバイル

一般的な格安SIMカードだと、LINEの年齢認証が出来ずに一部サービスを利用出来ない…というデメリットがありましたが、LINEモバイルはLINEを作っている大元の会社が提供しているサービスになります。

 

その為、大手キャリアではない格安SIMカードでもLINEモバイル限定で【LINEの年齢認証が出来る唯一の格安スマホ】になっているのです。

 

■LINEアプリを頻繁に使う

■携帯代を抑えたいけど格安スマホだとLINEの年齢認証が出来ない

 

などの悩みで格安スマホへの乗り換えを検討されている方は、LINEモバイルがおすすめですよ^^

 

特定のSNSの通信量が無制限で利用可能

LINEモバイル

これはLINE独自のサービスで、契約しているデータ通信料をその月ですべて使い切ってしまっても、【カウントフリープラン】に加入していれば、対応アプリだとデータ使用量ノーカウントで楽しむ事が出来ちゃいます!

 

■LINEフリープラン
月額500円で、【LINEアプリのトーク・通話】が使いたい放題になるプランです。日ごろからLINEを頻繁に利用している方、LINE以外のSNSアプリをあまり利用しない方におすすめのプランです。

 

■コミュニケーションフリープラン
3GB〜10GBの中から契約データ通信料を選ぶ事が出来ます。更にデータ通信料を使い切っても、【LINE・Twitter・facebook・Instagram】のデータ消費は0!

 

LINE以外のSNSも頻繁に利用する方はコチラのプランがおススメです。

 

 

通信速度が速くて気持ちいい

LINEモバイル

LINEモバイルは【ドコモネットワーク回線】を利用しているので、ドコモと同じ回線速度で利用する事が出来ます。

 

格安SIMカードは各大手キャリアの電話回線を借りてサービスを提供する事で安く利用する事が出来るのですが、回線速度や繋がりやすさなどは利用するキャリア回線に依存します。

 

大手キャリア3社の中でも特にドコモは繋がりやすさ・回線速度bPでもあるので、通信速度が速くでストレスフリーでネットを楽しむ事が出来ます!

 

※データ容量を使い切っても上記で説明した【データ通信料フリープラン】を付け加えれば、いつでも高速でSNSアプリを楽しむ事が出来ますよ^^

 

LINEを使って家族や友人に余ったデータを渡せる

LINEモバイル

LINEモバイルは独自のサービスにより、家族や友人間でその月に余ったデータ通信料を分け合う事が出来ちゃいます!

 

なのでLINEモバイルは家族での乗り換えに最適な格安SIMカードでもあるのです。

 

1日間で1GBなどの速度制限がない

大手キャリアやWi-Fi設備などには一般的に【速度制限】というものが設けられています。

 

契約しているデータ容量を使いきってしまう事で速度制限はかかりますが、契約しているデータ容量が残っている場合でも【各キャリアなどが定めている1日に使える最大量のデータ容量を使った場合】においても、翌日から通信規制が入ってしまう場合もあるのです

 

LINEモバイルにはそういった速度規制がなく、データ容量を使い切った後でも【カウントフリープラン】に加入していれば、LINEやTwitterなどのアプリのデータ容量をカウントせずに使う事も出来るサービスがあります!

 

【1日間で1GB】などの速度制限が無いので、制限によるストレスを軽減する事が出来ますよ^^

 

月額料金が1ヶ月無料になる

LINEモバイル

LINEモバイルでは月ごとに応じて様々なお得なキャンペーンを行っていますが、通常でも適応されるキャンペーンとして【月額基本利用料初月無料】というサービスを実施しています。

 

初期費用として【登録事務手数料3,000円】と【SIM発行手数料400円】、端末を購入した際は端末代金などがかかりますが、初月月額基本料が無料になるので、乗り換え時の支払い負担を軽減する事が出来ますよ^^♪

 

LINEで使えるポイントがもらえる

LINEモバイル

LINEモバイルでは、月額基本料の1%分のLINEポイントを毎月貰う事が出来ます。

 

このLINEポイントは、LINE内のスタンプ購入やコンテンツ購入に使う事が出来るので、わざわざ課金をしなくてもスタンプやアプリをポイントでサクっと購入する事が出来るんです。

 

日ごろからLINEをよく利用していて、LINEスタンプもアプリも頻繁にダウンロードしている!という方におすすめです。

 

余ったデータを翌月に持ち越し可能

LINEモバイル

余ったデータ通信料を持ち越す事が出来ないというキャリアや格安SIMカードは以外に多く、データ通信料の使用料に毎月バラつきがある方などは、使用状況によって損をしてしまう事もありました。

 

LINEモバイルでは【余った通信料は翌月末まで繰り越し可能】なので、万が一データ容量が余ってしまっても、無駄にする事なく翌月で使い切る事が出来ちゃいます!

 

その月でまたデータ容量が余ってしまっても、翌月までまた持ち越す事が出来るので、データ容量を無駄にする事が一切ありません!

 

それでも使い切れない!という場合、家族や友達にデータ容量を分け合えるサービスもあります。

あまりないけど思いつくLINEモバイルのデメリットを挙げてみた

LINEモバイル

何事もメリットだけではなく、デメリットについても把握しておく事で「いざ!」という時に対応しやすくなったり、選択しやすくなったりしますよね。

 

先ほどLINEモバイルのメリットについて徹底的にリサーチして解説してきましたが、コチラでは思いつく分だけLINEモバイルのデメリットについてもリサーチしてみました。

 

あまり思いつくものはありませんでしたが、購入を検討されている方はコチラも見ておくと参考になるかと思います。

 

特定のSNSを利用しない人には大きなメリットがない

LINEモバイル

LINEモバイルの最大の特徴は【指定するSNSのデータ容量をカウントせずに利用出来るプランがある】という事です。

 

プランには2種類あり、【LINEの利用のみデータ通信カウントフリー】か、【LINE・Twitter・facebook・Instagramの利用がデータ通信カウントフリー】になるプランがあります。

 

日ごろからLINEやTwitterなどを頻繁に利用している方にとっては最大のメリットにはなりますが、これらのSNSをあまり利用しない方にとっては特にこれ!といったメリットがありません。

 

特定のSNSでもデータを消費してしまう場合がある

カウントフリーとなるSNSを利用していても、場合によってはデータを消費してしまう事もあるので注意が必要です。

 

■LINEの利用時におけるカウントフリー対象
⇒テキストおよび音声メッセージの送受信
⇒スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信時
⇒通話・ビデオ通話時
⇒タイムラインの観覧、投稿
⇒スタンプ・着せ替えダウンロード時
⇒設定などに関する利用時
⇒友達一覧表示や友達追加時
⇒「その他」画面表示

例えば、タイムラインから外部サイトへ接続した場合などはカウントフリーの対象外となってしまい、LINEのLIVE機能使用時においてもデータ通信料がかかってしまいます。

 

LINE内で何かを観覧したり、通話やトークを楽しむ分にはカウントフリー対象にはなりますが、LINEから外部サイト・SNSへアクセスする際はカウントフリー対象外なのでご注意下さい!

 

■Twitter利用時におけるカウントフリー対象
⇒タイムライン表示・投稿
⇒ホーム・ニュース・通知の表示
⇒メッセージ機能利用時
⇒プロフィール編集

TwitterにおいてもLINEと同じく、外部サイトへのアクセスは通信料がかかってしまいます。

 

■facebookのカウントフリー対象
⇒タイムライン・ニュースフィードの表示・投稿
⇒リクエスト・お知らせ・その他の表示
⇒プロフィール編集

facebookもLINえ・Twitterと同じく外部サイトへのアクセス時は注意して下さい!

 

■Instagramのカウントフリー対象
⇒タイムラインの表示・投稿
⇒ストーリーの表示・投稿
⇒検索画面での検索・結果表示
⇒アクティビティの画面表示
⇒ダイレクトメッセージ利用時
⇒プロフィール編集

 

全てのSNSに共通するのが、各SNS内での投稿や観覧、メッセージの送受信などはカウントフリーになりますが、そこから別サイトへアクセスしたり別アプリを起動した際はカウントフリー対象にはなりません!

 

店舗販売をやっていない

LINEモバイルは店舗販売を行っていないので、契約に関してはすべてネット上で手続きを済ませなくてはなりません。

 

店舗販売ですと、LINEモバイルに関する疑問や質問をその場ですぐに解決する事が出来るのですが、ネット上だとご自身で調べて解決する事しか出来ないので、当サイトの情報やLINEモバイルのサポート制度をフル活用して下さいね!

 

LINEの年齢認証ができるので未成年に持たせるのは注意が必要

一般的な格安SIMカードではLINEの年齢認証が出来ないのですが、LINEモバイルはLINEが提供している格安SIMサービスなので、唯一LINEでの年齢認証が出来る格安SIMカードになっています。

 

ですが、未成年のお子さんをお持ちの方は注意が必要!

 

きちんと親御さんの方で設定しておかないとLINEの年齢認証がカンタンに出来てしまうので、思わぬトラブルに繋がってしまう可能性も考えられます。

 

LINEモバイル

その為、LINEモバイルでは保護者の方で徹底して管理できるよう、契約している人と利用者を別々に登録する事で、課金や契約などに関する重要事項の制限や変更をかける事が出来ます。

 

LINEモバイル

また、データ通信を毎日どれ位行っているか、マイページを確認するだけで毎日簡単にチェックする事が出来るサービスもあり、安心です。

 

LINEモバイル

もちろん無料で外部サイトへのフィルタリングも出来ますので、こういった無料セキュリティサービスを利用し、お子さんがネットトラブルに巻き込まれるのを未然に防ぐ対策をあらかじめ取っておきましょう!

 

新規で電話番号を発行してもらうと「070」になる可能性がある

MNPでLINEモバイルを利用する際は、これまで使っていた電話番号を引き継ぐ事が出来るのですが、新規で新たに通話契約をする際、電話番号が「070」になってしまう可能性があります。

 

特に気にしないよ!という方であれば別ですが、070番号が気になる方は、LINEモバイルで新規通話契約するよりも、MNPで乗り換え契約して電話番号をそのまま利用した方が良いでしょう。

 

LINEモバイル

契約後の電話番号の変更はできないという事なので、この点についてもしっかり考えてから契約を行って下さいね。

 

支払いはクレジットカードが必須

LINEモバイルでの利用料支払いは【クレジットカード】が必須になってくるので、カードをお持ちでない方は契約する事が出来ません!

 

LINEモバイル

また、クレジットカード以外にLINE Payでの支払いも可能です。LINE Payのチャージ方法は銀行口座・Pay-Easy・コンビニでの方法がありますので、クレジットカードをお持ちでない方はLINE Payでのお支払いを選択して下さい。

 

LINEモバイルの料金プランを徹底解説(各プランの簡単な説明と料金表)

LINEモバイル

こちらではLINEモバイルの料金プランを詳しく調べて徹底解説しています!

 

LINEモバイルの料金プランはシンプルな3つのパターンに分かれているので分かりやすいですが、この3つの料金プランを表で分かりやすく比較していますので、契約をご希望の方はプランについてコチラでしっかり把握しておきましょう^^!

 

3つの料金プランを比較したい方へ

プラン名 価格 データ容量 カウントフリー対象サービス 特典
LINEフリープラン 月額500円〜 1GB LINEアプリのみ ナシ
コミュニケーションフリープラン 月額1,110円〜 3・5・7・10GB LINE・Twitter・facebook・Instagram ナシ
MUSIC+プラン 月額1,810円〜 3・5・7・10GB LINE・Twitter・facebook・Instagram・LINE MUSIC MUSIC30日間無料チケットアリ

 

■LINEフリープラン
月額500円から利用できるプランで、LINE機能が一部を除きデータ通信料カウントフリーで利用する事が出来ます!

 

毎月のデータ通信料が少ない方、LINEを頻繁に利用している方、その他のSNSを利用しない方はコチラのプランがおススメです。

 

■コミュニケーションフリープラン
月額1,110円から利用出来るプランで、月間データ容量は【3.5.7.10GB】の4つから選ぶ事が出来ます。

 

ご自分のデータ通信状況に合わせて容量を選ぶ事が出来ますし、LINEだけではなくTwitterやfacebook、InstagramのSNSを頻繁に利用している方はこちらのプランがおススメです。

 

■MUSIC+プラン
月額1,810円から利用出来るプランで、LINE・Twitter・facebook・Instagramだけではなく、LINE MUSICもデータ通信カウントフリー対象に含まれているプランです。

 

また、コチラのプランではLINE MUSICの30日間無料チケットがプレゼントされるので、音楽をよく聞く方はコチラのプランを選択するとお得に利用する事が出来ますよ。

LINEモバイルの通信速度はどのくらい?他社格安SIMと比較

LINEモバイル

格安SIMへの乗り換えを検討している方で、一番気になる部分が【データ通信速度】だと思います。

 

格安SIMカードは各大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているので、通信速度は利用しているキャリア回線に依存します。

 

LINEモバイルはドコモ回線を利用してサービスを提供していますが、通信速度は速いのか?遅いのか?気になりますよね。

 

他社格安SIMとも比べていますので、速度について気になる方はコチラをチェック!

 

各格安SIMとの通信速度比較はコチラ

商品名 回線 回線速度
LINEモバイル ドコモ回線

下り平均:7.9Mbps
上り平均:6.0Mbps

UQ-モバイル au回線

下り平均:34.4Mbps
上り平均:5.0Mbps

U-モバイル ドコモ回線
UJimio NTT

下り平均:5.5Mbps
上り平均:5.3Mbps

マイネオ ドコモ/au

ドコモ
下り平均:5.7Mbps
上り平均:6.3Mbps

 

au
下り平均:20.9Mbps
上り平均:4.9Mbps

楽天モバイル ドコモ

下り平均:6.5Mbps
上り平均:5.3Mbps

BIGLOBE SIM ドコモ

下り平均:6.7Mbps
上り平均:7.2Mbps

 

格安SIMカード各社の回線速度の調査結果になりますが、ご使用の地域や時間帯によって速度の変化もありますので、あくまでも参考にして下さいね。

 

コチラは2017年2月の最新調査による速度計測結果になりますが、「下り・上りっていったい何?」「Mbpsってどんな意味があるの?」と分からない方もいらっしゃると思います。

 

■Mbpsはどのくらいあればストレスフリーでデータ通信が楽しめるのか?
■データ通信速度の上り・下りは一体何を意味しているのか?

 

についても、コチラでお話していきますね^^

 

快適に使用出来る速度目安

一般的にストレスフリーで楽しめる必要な回線速度をまとめてみました。

 

■LINEやメールなど⇒100Kbps〜1Mbps
■ネットサーフィン⇒200Kbps〜2Mbps
■テレビ観戦⇒3Mbps〜5Mbps
■動画鑑賞⇒500Kbps〜3Mbps
■高画質動画鑑賞⇒3Mbps〜5Mbps

※【Kbps】はkiro bite per secondの略で、【Mbps】はmega bite per secondの略です。Mbpsの方が通信速度が速くなります。

 

上り・下りって何?

■上り…アップロード
■下り…ダウンロード

 

それぞれアップロード・ダウンロードにかかる事を【上り・下り】と呼んでいます。

 

アップロードはメール送信などの時の回線速度で、ダウンロードはホームページや動画を鑑賞する際の速度の事です。快適にネットサーフィンを楽しむのであれば、上り回線よりも下り回線の速度に注目して格安SIMを選びましょう。

 

結局LINEモバイルの回線速度は?

LINえモバイルの回線速度は、最新調査の調べによると

 

下り平均:7.9Mbps

上り平均:6.0Mbps

 

という結果が出ています。

 

地域や時間帯によって数値に上下はありますが、上り・下りとも安定した速度をキープしている事が分かりますよね。

 

基本的にストレスフリーでデータ通信を楽しむには、2Mbps〜5Mbpsが欲しい所ではあります。LINEモバイルは上り・下り共に5Mbps以上を記録しているので、ストレスを感じる事なくデータ通信を楽しむ事が出来ますね^^

 

こちらで紹介している他他社の格安SIMの中でも回線速度が安定していますし、LINEやTwitterなどの特定のSNSはデータ通信カウントフリーで利用する事が出来るので、回線速度で選ぶならLINEモバイルがおすすめです!

 

LINEモバイルはどんな人におすすめ?

LINEモバイル

LINEモバイルについてまとめてきましたが、どんな人におすすめなのかを解説していこうと思います!

 

これまでの情報を元に解説をまとめていきますので、購入を検討されている方や自分に合った格安SIMカードをお探しの方は参考にして下さいね^^

 

LINEモバイルは「こんな人」におススメ!

LINEやTwitterなどのSNSを頻繁に利用している人

LINEモバイルはLINEを始め、Twitterやfacebook、Instagramなどの特定のSNSのデータ使用量カウントフリーで使用する事が出来るんです!

 

カウントフリーは一部で制限がありますが(外部サイトへ接続した時などはカウントフリー対象外)、データ使用量を使い切っても対象SNSを利用する事が出来るので、データ容量を節約する事が出来ますよ^^

 

格安SIMカードの中で唯一年齢認証が出来る

格安SIMカードではLINEの年齢認証が出来ないのですが、LINEモバイルだけ唯一年齢認証が出来る格安SIMになっています。

 

コンテンツ利用で年齢認証が必要だと感じる方におススメです。

 

データ容量を分け合えるので家族での乗り換えも!

LINEモバイルはデータ容量を分け合う事が出来ます。

 

余ったデータ容量は家族や友達間で分け合う事が出来るだけではなく、翌月末まで繰り越す事が出来るので、毎月のデータ使用量にバラつきがある方でも容量を無駄にする事なく利用する事が出来ます。

 

家族での乗り換えにもおススメですよ。

 

LINEで使えるポイントが貯まる!

月額基本利用料の1%がLINEポイントとして貯める事が出来ます。

 

貯めたLINEポイントはコンテンツやスタンプ購入に使用する事が出来るので、LINEを頻繁に利用する方におススメ!

 

格安SIMカードの中でも繋がりやすい!

LINEモバイルは格安SIMカードの中でも繋がりやすいと評判です。

 

通信速度調査では繋がりやすさで上位ランクインするなど、繋がりやすさでも選ばれている格安SIMカードになるので、通信速度を気にしている方でもストレスを感じる事なく利用する事が出来るかと思います!